よくある誤解と正しい知識

よくある誤解や勘違いを科学の視点から分かりやすく解説しています

海の青さは空の青さではない

海が青いのは空の青さを反射しているからだけではありません。青く見える主な原因は、水が赤い光を吸収するためです。

空が青いのはレイリー散乱と呼ばれる光の散乱によるものです。空気そのものに色はなく、大気中の小さな分子に太陽光がぶつかることで、波長のより短い青い光が多く散乱し、青く染まって見えます。

一方で海は、そもそも水の色が青いから、ともいえます。コップの水やバケツの水は無色透明に見えますが、これは量が少ないからで、たとえば底が白いプールの水は、わずかに青みがかって見えるはずです。

水の吸収スペクトルには、赤い波長の領域に弱い吸収帯があり、青よりも赤を多く吸収します。つまり青い光をより多く通すので、透過光が青く見えるわけです。

浅い海はエメラルドグリーンに見えますが、これは吸収される光が少ないことと、海底の砂やサンゴ礁などからの反射も影響しているようです。深い海が青黒く見えるのは、多くの光が吸収されるためです。


結論: 海が青いのは水が赤い光を吸収するため。


スポンサーリンク