よくある誤解と正しい知識

よくある誤解や勘違いを科学の視点から分かりやすく解説しています

血液脳関門は血管壁の働き

脳には、大切な神経細胞を血液中の有害な物質から守る仕組みが備わっています。この働きを血液脳関門といい、脳の毛細血管の壁が持つ機能です。たまにある勘違いですが、血管が脳に入る手前の、例えば首の辺りに、関所のようなものがある、というわけではありません。


私たちの脳は、微弱な電気信号や微量の神経伝達物質のやりとりによって、複雑に機能しています。わずかでも狂えば、その個体の命にかかわるかもしれません。そのため、脳内の恒常性(homeostasis)は、他の部位に比べて極めて高度に保たれています。

血液脳関門は、そうした恒常性維持に欠かせない仕組みの一つです。脳の毛細血管では、内壁の細胞(内皮細胞)が密に並んでおり、大きな分子が通れないようになっています。このように物理的に遮断する以外にも、能動輸送によって異物を排出するなどしています。

つまり、脳の血管内はまだ「脳の中」ではなく、血管の外へ出ることで初めて脳の中に入る、といえます。この血管内から血管外(=脳内)への移動を制限している仕組みが、血液脳関門というわけです。


関門という言葉の響きから、なんとなく一か所にゲートが置かれている印象を抱きますが、実際には脳の血管全体の壁が丈夫になっている(隙間が少なくなっている)というイメージです。英語では blood-brain barrier (BBB) というので、「バリア」と考えると想像しやすいですね。


結論: 血液脳関門は、脳全体の血管壁の機能。


スポンサーリンク