よくある誤解と正しい知識

よくある誤解や勘違いを科学の視点から分かりやすく解説しています

風邪は薬で治らない

風邪を引いたとき、風邪薬を飲む人は多いと思います。しかし、ウィルスによる風邪を根本的に治す薬は今のところありません

市販されている風邪薬は全て、あくまでも症状を和らげるためのものです。ウィルスそのものを排除する働きはありません。それどころか、正常な生体防御反応を阻むことで、治癒に悪影響を及ぼすことすらあります。


人間は風邪を引くと、咳やくしゃみ、発熱などによってウィルスに対抗します。これらは正常な反応で、特に発熱には免疫力を高めるという重要な役割があります。咳やくしゃみは、気管・喉頭・咽頭・鼻腔などで炎症が起きているために出る副次的な反応ともいえますが、やはり異物排除の意味があるでしょう。

熱が出たからといってすぐに冷やそうとしたり、解熱剤を飲んでしまったりすることは、風邪を早く治すことにはつながりません。あまりに高熱だったり、苦しくて寝付けない、などの理由がなければ、解熱剤を飲むことは好ましくないかもしれません。

風邪に対する最善の、そして唯一の治療法は休養です。ウィルスを撃退できるのは私たちの体に備わっている免疫機能のみなので、最終的にはそれに頼るしかありません。学校や仕事など休めない場合もあるでしょうが、出来れば、風邪を引いたときは家でゆっくりして、こまめに水分補給をしつつ安静にしていることが望ましいでしょう。

薬を飲んだとしても、楽になったからといってウィルスが撃退されたわけではありませんから、決して無理をせずに、休養を優先させなければいけません。薬を飲んで元気になり、薬の効果が切れたら治っていた、ということも考えられますが、これも薬が風邪を治したのではなく、薬が効いているうちに身体の免疫機能が治してくれたということです。

年配の世代を中心に、点滴や注射の有効性を信じていたりしますが、上記の通り風邪を治す効果は期待できません。脱水症状で意識不明でもない限り、意味のないことです。抗生物質も、ウィルス性の風邪にはまったく効果がありません。


風邪を引いたら、部屋を温かくして湿度も高めに保ち、こまめな水分補給を心がけて安静にしていることが重要です。辛いときは必要に応じて、良く成分を確かめてから風邪薬を上手に使うといいでしょう。


結論: 風邪薬に風邪を治す効果はない。


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


※確認画面は表示されません。