よくある誤解と正しい知識

よくある誤解や勘違いを科学の視点から分かりやすく解説しています

静脈は青くない

図鑑などでは、静脈は青く描かれています。
自分の手で確認してみても青いように見えますが、実際は暗赤色をしています。

まず血液自体の色ですが、酸素を多く含んだ動脈血は鮮やかな赤色、酸素を手放した静脈血でも黒ずんだ赤色をしています。赤には変わりありません。そして血液を抜いた血管は、透明または白~黄色っぽい半透明に見えます。

以上から、静脈を直接観察すれば、やはり赤い色をしていると考えられます。ではなぜ、皮膚を通すと青く見えるのでしょうか。

皮膚、特に黄色人種である日本人の皮膚は、黄白色~薄茶色をしており、皮膚のすぐ下を通る毛細血管の影響で、ここにピンクっぽい色が加わります。皮膚は半透明ですから、多少透けて見えますが、ある程度光を吸収します。皮膚に入射して中の血管から反射してきた光は、半透明の皮膚に吸収されるので、暗い赤色から紫っぽく変わわるのです。さらに周りの赤みがかった肌の色とあいまって、人間の目には相対的に血管が青っぽく見える、というわけです。


打撲による青あざも、内出血した血液が皮膚を通して見えるために青紫に見えます。時間とともに青→緑→茶→黄と変わっていくのは、血液(正確には赤血球のヘモグロビンに含まれるヘム)が分解されていくためです。


結論: 静脈は本当は暗赤色。


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


※確認画面は表示されません。